【阿波岐原森林公園 市民の森】国生みの神・イザナキが禊を行った池が有名な神話スポット!

今回は、宮崎県宮崎市阿波岐原町(あわきがはらちょう)にある「阿波岐原森林公園 市民の森」へ行って参りました!

「阿波岐原森林公園 市民の森」は、昭和46年10月に開園した、広大な森林公園です。

キレイに整備された遊歩道を散歩しながら、森林・池・花・野鳥など、自然を身近に感じることができます。

「梅園」「椿園」「はなしょうぶ園」があり、開花シーズン時には多くの人でにぎわっています。

神話の舞台となった「みそぎ池」もあります。

そんな「阿波岐原森林公園 市民の森」の魅力をこの記事で紹介していきます♪

この記事で分かること

「阿波岐原森林公園 市民の森」について
「阿波岐原森林公園 市民の森」の利用時間・場所
「阿波岐原森林公園 市民の森」の見どころ
「梅園」「椿園」「はなしょうぶ園」について
「みそぎ池」の神話について

こんな人にオススメ!

☆自然が好きな方
梅園・椿園・はなしょうぶ園・スイレン・紫陽花などの花が楽しめます♪
森林に囲まれ、野鳥の声を聴きながら、ウォーキングできます♪

☆神話好きの方
みそぎ池は、神話スポットです。『イザナギ』『イザナミ』夫婦の秘話や、天照大御神などを生み出したとされる由来などが残っています。

阿波岐原森林公園 市民の森について

「阿波岐原森林公園 市民の森」は、とても大きな公園で、自然がたくさんあります。
遊歩道が整備され、ウォーキングなどに適した環境です。

西園には、「梅園」「椿園」「はなしょうぶ園」などがあり、季節の花を楽しむことができます。
東園には、神話の舞台となった「御池(みそぎ池)」や遊具などがあります。

所々に休憩スペースやトイレが設けられているので、安心して利用できます。

阿波岐原森林公園 市民の森の利用時間・場所

INFORMATION

施設名阿波岐原森林公園 市民の森
住所〒880-0835
宮崎市阿波岐原町産母128
電話番号0985-39-7308
管理事務所
自転車貸し出し無料
8:30~16:30(使用時間:1時間以内)
公園内のみ
利用期間年中無休
※自転車の無料貸し出しは、12月29日~1月3日までを除く
駐車場西駐車場 15台
南駐車場 45台
東駐車場 145台
北駐車場 15台
ホームページ阿波岐原森林公園 市民の森

MAP

駐車場は広いですが、平日でもほぼ満車状態になります。
※東駐車場の様子

東駐車場から直接行ける場所に、東園(御池、ぼうけん広場、健康広場、ちびっこ広場)があります。
東駐車場から横断歩道を渡ると、西園(はなしょうぶ園、梅園、椿園)があります。

阿波岐原森林公園 市民の森の見どころ

遊歩道と防風林

市民の森は、防風林がたくさん生えていて、遊歩道がキレイに整備されています。
自然を感じながら、ウォーキングや犬の散歩をされている方もたくさんいました。

万葉集の歌碑が、ところどころに散りばめられています。

「中村 地平」さんという方の文学碑がありました。
この方は宮崎県出身の小説家で、太宰治、小山祐士とともに、『井伏鱒二(いぶせ ますじ)門下の3羽ガラス』と呼ばれていた方なのだそうです。

梅園

見頃は、1月下旬~2月中旬です。
私は、2月初旬に訪れています。

約160本の紅梅と白梅が開花していて、紅白の並びがとてもキレイでした。

白梅は、咲いているところと咲いていないところがポツポツありました。

こちらの白梅は、イイ感じに咲いてました。

紅梅の方は、キレイに咲いているものが多い印象です。

白梅より紅梅の方が、早く咲きそうですね!

椿園

梅園のすぐ近くに椿園があります。
見頃は、1月下旬~3月下旬までです。

椿の種類がとても多かったのが印象的でした。

調べたところ、約70種類の椿が340本あるそうです。

ゆっくりと散策しながら、たくさんの種類の椿を楽しむことができました。

はなしょうぶ園

市民の森には、「はなしょうぶ園」があります。
見頃は、5月中旬〜6月上旬です。

開花シーズンに合わせて、「はなしょうぶまつり」も開催されています。

訪れた時は2月初旬でしたので、何もありませんでした。
約160種類・20万本のはなしょうぶが楽しめるそうですよ♪

開花シーズンになったら、また訪れたいと思います♪

御池(みそぎ池)

市民の森には、「御池(みそぎ池)」と呼ばれている池があります。

毎年、5月~9月に、”黄色いスイレンの花”が咲くそうです。

2月初旬に訪れたので、枯れたスイレンの葉が浮いていました。
また、スイレン満開の時に行ってみます♪

御池(みそぎ池)に伝わる神話

御池は、日本最古の歴史書「古事記」に登場します。

市民の森の近くには、「江田神社」があります。
そこには、国生みの神『イザナキ(伊耶那岐神)』と『イザナミ(伊耶那美神)』が祀られています。

『イザナキ』の妻である『イザナミ』が、最後に火の神を出産した時、大やけどを負って死んでしまいます。

『イザナキ』『イザナミ』を迎えに行くために「黄泉の国」まで行きますが、そこには腐りかけた醜い姿の『イザナミ』の姿が・・・。

『イザナキ』は、必至で地上へと逃げ帰ります。

逃げ帰った『イザナキ』「黄泉の国」の汚れを落とすために、“みそぎ”を行ったのが、「みそぎ池」だと言われています。

みそぎの際、左眼から『天照大御神(あまてらすおおかみ)』、右眼から『月読命(つくよみ)』、鼻から『建速須佐之男命(すさのおのみこと)』が生まれたそうです。

その他

運動広場

椿園を出ると、すごく広い芝生の広場がありました。
「運動広場」と呼ばれているようです。
事前申し込みで、遠足やレクリエーションの利用が可能なのだそうです。

お弁当を持参して、のんびり過ごしたいですね♪

遊具広場(ぼうけん広場、ちびっこ広場)

東園には、遊具が置いてある「ぼうけん広場」や「ちびっこ広場」があり、子どもたちも楽しく遊べるようになっています。

小さいお子さま連れでも、気軽に遊びに来れますね♪

※写真は、ちびっこ広場

健康広場

東園にある「健康広場」

健康器具が置いてありますので、ウォーキングのついでに器具を使えば、ますます健康になれそうです!

休憩スペース・飲食店

東駐車場から、西園に入ってすぐに休憩スペースと飲食店がありました。

こちらは「森のパークショップ」さん。
軽食やソフトクリームなどがあります。

授乳室や絵本コーナーも完備されていて、小さいお子さま連れの方も気軽に利用できます♪
私も母親なので分かりますが、こういった配慮は、すごくありがたいです♪

店舗名森のPark Shop(パークショップ)
電話番号0985-39-7308管理事務所
営業時間10:00~16:00
(軽食のオーダーストップ15:30)
定休日毎週火曜日
※火曜日が祝日の場合は翌日、年末年始
ホームページ森のPark Shop(パークショップ)

憩いの池

「憩いの池」は、西園にあります。
鯉やカメがいるそうです。

水が石の上から落ちていて、ちょっとした滝のようになっています。
水の音を聞きながら、穏やかな時間を過ごせそうです♪

【おまけ】猫ちゃん

毎日いるかは分からないですが、猫ちゃんが2匹いました。
黒と白の猫で、白の猫は人懐っこいです♪

かわいいw

Photo Gallery

Movie

まとめ

「阿波岐原森林公園 市民の森」は、いかがでしたでしょうか?


  • 遊歩道が整備されており、ウォーキングに適している
  • 森林・池・花・鳥など、自然を感じられる
  • 飲食店は、子育て世帯にも優しい
  • 自転車の無料貸し出しがある
  • 遊具があり、子連れでも楽しめる
  • 健康器具でストレッチができる
  • 「梅園」は、1月下旬~2月中旬が見頃
  • 「椿園」は、1月下旬~3月下旬が見頃
  • 「はなしょうぶ園」は、5月中旬頃〜6月上旬頃が見頃
  • 「みそぎ池」では、5月~9月に、”黄色いスイレンの花”が咲く
  • 「みそぎ池」は、神話スポット


花の開花シーズンが違うので、また6月頃に行ってみたいと思います♪
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。