【高鍋湿原】世界最小のトンボ「ハッチョウトンボ」が生息している湿原

今回は、宮崎県児湯郡高鍋町にある「高鍋湿原」へ行って参りました!

「高鍋湿原」は、高鍋防災ダム工事の際に、周辺の沢から水が流れ込んで出来た湿原です。

東部と西部に分かれており、貴重な植物や虫を観察することが出来ます。

世界最小のトンボ「ハッチョウトンボ」を目当てに訪れる方も多いです。
その他にも、約30種のトンボが飛び交っています。

また、約400種類の植物が自生しています。

入場無料なので、お近くにお越しの際は、立ち寄ってみてください♪
近くには、温泉「めいりんの湯」もありますよ!

そんな「高鍋湿原」の魅力をこの記事で紹介していきます♪

この記事で分かること

「高鍋湿原」について
「高鍋湿原」の利用時間・場所
「高鍋湿原」の見どころ
「めいりんの湯」について

こんな人にオススメ!

☆トンボを観察したい方
高鍋湿原には、約30種類のトンボが生息しています。
中でも、日本で最も小さいなトンボ「ハッチョウトンボ」を観察することが出来ます。

☆花や木を楽しみたい方
高鍋湿原には、サギソウ、ミズギボウシ、ミミカキグサ、ヘビノボラズなど
約400種類の植物が自生しています。

高鍋湿原について

「高鍋湿原」は、高鍋防災ダム工事の際に、周辺の沢から水が流れ込んで出来た湿原です。
東部と西部に分かれており、貴重な植物や虫を観察することが出来ます。

世界最小のトンボ「ハッチョウトンボ」を目当てに訪れる方も多いです。
その他にも、約30種のトンボが飛び交っています。

また、約400種類の植物が自生しています。

入場は無料です♪

高鍋湿原の利用時間・場所

INFORMATION

施設名高鍋湿原
住所〒884-0006
宮崎県児湯郡高鍋町上江6972-3
電話番号0983-23-3326
公開期間4月~10月(公開期間は、湿原の状況により変更あり)
営業時間9:00~17:00
入場料無料
駐車場無料
ホームページ高鍋町公式ホームページ

※2021年8月時点の情報ですので、来られる際は、あらかじめ公式ホームページ等でご確認ください。

MAP

高鍋湿原の見どころ

駐車場は、広くもなく狭くもなくといった感じでしょうか。
無料で駐車できます。

高鍋湿原は、防災ダム工事で土砂を採取した後に出来た湿原です。
近くに高鍋防災ダムがあります。

4月~10月の間だけ入ることが出来ます。
時間は、9:00~17:00です。

入り口

入り口付近には、「タカナベカイドウ」と呼ばれている庭木がありました。
元々は、「牟田桜(むたざくら)」と呼ばれていたそうです。
3月初旬から中旬にかけて、ピンク色の花が咲くようです。

こちらは、「ウコギ」です。
新芽はテンプラにしたら美味しいと書いてあります。

高鍋湿原管理棟

入口から入ってすぐに「高鍋湿原管理棟」があります。

高鍋湿原では、約30種類以上のトンボを観察することが出来ます。
その説明が書いてありました。

中でも「ハッチョウトンボ」は、体長2cmほどの”世界一小さいトンボ”で、絶滅危惧種に指定されています。
これを目当てに来る方も少なくありません。

高鍋東部湿原

高鍋湿原は、東部湿原西部湿原に分かれています。
東部湿原は、入ってすぐのところにあります。

ミズボウシ、ノハナショウブ、ツクシアブラガヤ、イトタヌキモ、モウセンゴケなど、貴重な植物がたくさん自生しています。

「サワオグルマ」
4月に見られる植物です。
本州、四国、九州、沖縄に分布し、湿原などに自生します。

とんぼのはし

東部湿原と西部湿原を繋いでいる「とんぼのはし」

高鍋防災ダムへと続く川の上を渡ります。

「とんぼのはし」を渡ると、西部湿原は、もうすぐ目の前です。

高鍋西部湿原

西部湿原には、多くの貴重なトンボが生息しています。
「ハッチョウトンボ」のオスは、赤色。メスは白っぽい色です。
4月中旬~8月中旬まで観察することが出来ます。

サギソウなどの植物も自生しています。

急に、探検隊になった気分。
岩の間をすり抜けて湿原へと行くようです。

どこか山の奥地に来たような雰囲気です。

とてもキレイに整備されています。

視界が開けました!
西部湿原のメインとなる場所です。

大きな池があります。
池の周りを周回する形で、足場が組まれていますね。

さっそく赤色のトンボを発見!!
「ハッチョウトンボ」?と思いましたが、こんなに簡単に見つかるほど大きくはありません。
これは、「ショウジョウトンボ」「ベニトンボ」でしょうか?

この池には、メダカがいるようですが、残念ながら見ることが出来ませんでした。

奥に進むと、ハッチョウトンボの観察ポイントが記されていました。

ハッチョウトンボが見られるのは、5月~8月中旬くらいまでです。

よく目を凝らさないと見つけられなそう・・・。

いた~!!!
ついに発見!

写真の中央部分です。
小さすぎて見つけるの大変(笑)
赤いのでオスですね!

えっと・・・
メスは、この辺りをよく見ると数匹飛んでいたのですが、写真じゃ全く分かりませんね(^^;

画像出典:Wikipedia

ハッチョウトンボの写真をwikipediaからお借りします。
5円玉ほどの大きさです。

画像出典:Wikipedia

メスは、こんな感じです。
拡大されると、ちょっとアレですね・・・(^^;

他のトンボも飛んでいました。
シオカラトンボかな?

トカゲも生息しています。

「ヘビノボラズ」
枝のトゲが鋭いため、ヘビも登らないという意味の名前なのだそう。
日本特産の植物で、中部地方以西の本州および九州に分布しています。

「モウセンゴケ」
モウセンゴケは、食虫植物です。

めいりんの湯について

めいりんの湯は、高鍋湿原にほど近い場所にある“源泉掛け流し式温泉”です。

めいりんの湯の利用時間・場所

INFORMATION

施設名めいりんの湯
住所〒884-0006
宮崎県児湯郡高鍋町大字上江6900番地
電話番号0983-23-2626
営業時間10:00~21:00
(最終入館 20:30)
休館日毎週木曜日(木曜日が祝祭日の場合は翌日)
駐車場無料
ホームページめいりんの湯

※2021年8月時点の情報ですので、来られる際は、あらかじめ公式ホームページ等でご確認ください。

MAP

駐車場は、広いです。

御食事処 高藍(こうらん)

敷地内にある「御食事処 高藍」さん。

日替わりランチ、定食、うどん、そば、カレーなどを提供しています。
温泉でゆっくりした後は、こちらで食事を楽しめますね♪

建物内での移動も出来ます。

温泉

めいりんの湯は、源泉から送られてきた湯を、完全かけ流し式にして使用しています。
大浴場Aタイプ大浴場Bタイプがあり、毎週金曜日に男湯と女湯が入れ替わります。

大人(中学生以上)500円、小人(小学生)300円、未就学児は無料と、安めの金額になっています。
完全予約制で家族風呂も楽しめますよ♪

詳しくは、公式ホームページでご確認ください♪

左手には温泉へ続く通路があります。
レジのところでは、ソフトクリームも売っていましたよ♪

入り口にあった、日向国高鍋藩7代藩主「秋月 種茂」公の像が、マスクをしていました。

関連記事

「The BEACH BURGER HOUSE」の記事を読む

売店

地産地消の商品がたくさんあります。

お菓子のゴローズが入っています。
生ケーキ販売は「第一・第三の土日」と書いてありますが、詳しくは分かりませんので、知りたい方は問い合わせてみてください!
佐土原店のゴローズで、ホールケーキを頼んだことがあるのですが、とても美味しいです♪

大広間休憩場

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: GH011079.MP4.13_19_16_12.静止画001.jpg

平日のお昼に行ったので、人は少なめでした。
みなさん、ゆったりくつろいでいました。

私も老後は、温泉でゆったりして大広間でのんびり過ごしたいな~(^^)

Photo Gallery

Movie

まとめ

高鍋湿原」は、いかがでしたでしょうか?


  • 「高鍋湿原」は、高鍋防災ダム工事の際に、周辺の沢から水が流れ込んで出来た湿原
  • 東部と西部に分かれている
  • 東部と西部は、「とんぼのはし」という橋で繋がっている
  • 入場無料
  • 約30種のトンボがいる
  • 世界最小のトンボ「ハッチョウトンボ」を観察できる
  • 約400種類の花や木が自生している
  • 近くには、温泉「めいりんの湯」がある
  • めいりんの湯は、完全かけ流し式
  • 毎週金曜日に男湯と女湯が入れ替わる


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。