【うなぎの入船】行列が出来る超有名店!明治27年創業の老舗鰻専門店

今回は、宮崎県西都市にある「うなぎの入船」へ行って参りました!

「うなぎの入船」は、明治27年(1894年)創業の鰻料理専門の老舗です。
代々受け継がれている秘伝のタレを使い、備長炭で一尾ずつ丁寧に焼き上げられた鰻が大人気です。
多い時には、1時間以上の待ち時間も発生します。

プロ野球の”ヤクルトスワローズ”のキャンプ地で、選手や報道陣が来店したことがきっかけで、全国的に有名になりました。
有名人のサインも、お店の壁にずらっと並んでいます。

メディアの力もさることながら、接客サービスの素晴らしさや、ふわっふわの鰻と秘伝のタレが絡み合う美味しい鰻が、来る客を魅了し続けているのだと思います。

そんな「うなぎの入船」の魅力をこの記事で紹介していきます♪

この記事で分かること

「うなぎの入船」について
「うなぎの入船」の利用時間・場所
「うなぎの入船」の店外の様子
「うなぎの入船」の店内の様子
「うなぎの入船」の鰻料理

こんな人にオススメ!

☆老舗の鰻料理を楽しみたい方
明治時代から続く、大人気鰻専門店!
代々受け継がれている甘いタレが絡んだ、ふわっふわの鰻を堪能できます!

☆観光地で食事処を探している方
うなぎの入船の近くには、西都原古墳群があります。
ゆっくりと美味しい食事を楽しみたい方には、ぜひ訪れて欲しいお店です!

うなぎの入船について

「うなぎの入船」は、明治27年(1894年)創業の鰻料理専門の老舗です。
代々受け継がれている秘伝のタレを使い、備長炭で一尾ずつ丁寧に焼き上げられた鰻が大人気です。
多い時には、1時間以上の待ち時間も発生します。

創業者の横山さんは、九州各地を歩いて、味を研究しています。
最初から成功した訳ではなく、5~6年は、お客さんは少なかったそうです。

プロ野球の”ヤクルトスワローズ”のキャンプ地で、選手や報道陣が来店したことがきっかけで、全国的に有名になりました。
有名人のサインも、お店の壁にずらっと並んでいます。

メディアの力もさることながら、接客サービスの素晴らしさや、ふわっふわの鰻と秘伝のタレが絡み合う美味しい鰻が、来る客を魅了し続けているのだと思います。

うなぎの入船の利用時間・場所

INFORMATION

店名うなぎの入船
住所〒881-0027
宮崎県西都市大字南方3316-3
電話番号0983-43-0511
営業時間【昼の部】11:00~14:30
【夜の部】16:30~20:00(L.O.19:00)
定休日公式ホームページをご確認ください。
駐車場無料
ホームページうなぎの入船

※2021年10月時点の情報ですので、来られる際は、あらかじめ公式ホームページ等でご確認ください。

MAP

うなぎの入船の見どころ

店外の様子

画像出典:Google Map

うなぎの入船は、西都市の国道219号線沿いにあります。
神社の鳥居が目印です。
看板も立っているので、分かりやすいですね!

画像出典:Google Map

駐車場は、とても広いです。
シーズン中は特に、待ち時間が出るほどの人気なので、これくらいの駐車場を確保していただけてるのが、ありがたいです。

画像出典:Google Map

駐車場の一角には、”うなちゃんハウス”と書かれた建物がありました。
九州各地から入船用に厳選された鰻が、ここへ届いているそうです。

お店の近くには、待合室があります。
今回は、夜に訪れたので暗いですね。

画像出典:Google Map

明るくすると、こんな感じです。
ここで何度か待ったことがあります。
年に1回は訪れているので、けっこう行ってますね(笑)

お昼に行かれた際は、近くに西都原古墳群がありますので、観光しながら待ち時間を過ごすとイイ感じです♪

またまた暗くてよく分かりませんが、目の前には、南方神社があります。

画像出典:Google Map

こちらにも、椅子などが置かれています。

お店周りは、ライトアップされていて、いい雰囲気です。

明治時代からあるお店ですが、キレイです。
趣があり、素敵な佇まい。

さっそく中に入ってみましょう♪

店内の様子

1階と2階があるのですが、今回は1階の席に案内されました。
1階は、テーブル席と座敷があります。

座敷へと案内されました。

壁には絵が飾られています。

お茶です(笑)
入船専用の急須と器ですね。

お茶をすすりながら待ちましょう♪

鰻料理

こちらは、鰻の骨です。
お通しで出てきます。
パリパリして美味しいです♪

料理と一緒に、鰻の肝が運ばれてきました。
こちらも、美味しい♪
ビールのおつまみに最高ですよね♪

こちらは、「うなぎ丼」です。
定食より若干安いですが、量的にあまり変わらないかも?
うなぎ丼(小)も、ありますよ♪

白い汁は、呉汁です。
大豆をすり潰したもので、独特の粒々した触感があるのですが、鰻との相性が抜群なんですよね♪
大豆なので健康的だし、呉汁は、大好きです♪
あと、漬物も大好きです♪永遠と食べていたい(笑)

私は、定食を頼みました。

めっちゃ美味しそう♪
蓋を開ける瞬間が、たまらないですね~!

写真で見るだけでも、よだれが出てしまいますね。
お腹を鳴らしながら、編集作業にあたっています・・・。(^^;

鰻がふわっふわで、甘いタレも抜群に美味しいです♪
いつ食べても変わらない、懐かしい味!
1枚1枚噛みしめて食べます。

なんせ、1年に1回の楽しみですからね!
よくぞ宮崎にあってくださった!
こんな美味しい鰻が食べられるなんて、ありがたや~!

また来年もお邪魔したいと思います♪

Movie

まとめ

「うなぎの入船」は、いかがでしたでしょうか?


  • 「うなぎの入船」は、明治27年(1894年)創業の鰻料理専門の老舗
  • 代々受け継がれている秘伝のタレは、甘い
  • 備長炭で一尾ずつ丁寧に焼き上げられている
  • 多い時には、1時間以上の待ち時間も発生
  • 創業者の横山さんは、九州各地を歩いて、味を研究した
  • 最初から成功した訳ではなく、5~6年は、お客さんは少なかった
  • プロ野球の”ヤクルトスワローズ”のキャンプ地で、選手や報道陣が来店したことがきっかけで、全国的に有名になった
  • 有名人のサインがたくさん
  • 西都原古墳群が近い
  • お通しで鰻の骨が出る。パリパリして美味しい
  • 鰻の肝も食べられる
  • 呉汁が鰻と相性抜群
  • 漬物が美味しい
  • ふわっふわの鰻と秘伝のタレが絡み合う美味しい鰻が食べられる


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。